So-net無料ブログ作成
検索選択

1982年製Durabeam [照明]

アメリカの大手電池デュラセル (DURACELL)社の携帯ラン
プ。ジッポーライターのように上部を開くとスイッチON
になります。黄色い部分が日焼けしてしまいましたが、単
三電池を二本入れれば点灯しました。

20161212_1_Small-Durabeam-Torch-1980.jpg
20161212_2_Small-Durabeam-Torch-1980s.jpg
20161212_3_Small-Durabeam-Torch-1980s.JPG

用途は限られますが気に入っています。デザインは英国の
ニック バトラー氏。
20161212_4_Small-Durabeam-Torch-1980s.jpg
20161212_5_Small-Durabeam-Torch-1980s.jpg

懐中電灯 Osram HALOGEN 46494 [照明]

35年ほど前に購入したドイツ オスラムのハロゲン懐中電灯
は単四電池4本を交換するだけで現在も使っています。底に磁
石が付いた重量217g、長さ146mm、直径42mmのスリット
パターンが付いた円筒形状は掌になじんで大変使いやすいデザ
インです。緊急時にも信頼できる懐中電灯です。

20161124_1.jpg

20161124_2.jpg

20161124_3.jpg

ウーファースピーカーの再利用 [照明]

使用しなくなった『Harman Kardon Soundstiks Subw
oofer』
の再利用です。照明器具として改造しました。スピーカー
部分を取り出して、LED17口の電球ユニットを取り付け
ました。気に入っていたスピーカーが照明器具に変身しま
した。

20161023.jpg

20161023a.jpg

下面中心にソケットユニットと17口LEDランプを配置して
います。

20161023c.jpg

20161023d.jpg

基になったウーファースピーカー。

ジェルデ デスクランプのメンテナンスと省エネ化。 [照明]

1950年以来 ロングセラーを続けている、フランス ジェル
デ社のデスクランプ(JIELDE 4040 DESK LAMP CLAMP)
デザイナーはJean-Louis Domecqです。
30年以上使い続けた デスクランプは多少塗装の欠けた部
分も出てきました。錆の進行を防ぐためのレタッチをして、
コードレスのため接点の関節部にコンタクトスプレーを浸
透させました。電球はLEDの人感センサー付きにして省エ
ネ化しました。

20150827_1.jpg

201607_B.jpg

20150827_3.jpg

20150827_4.jpg

20150827_2.jpg





ペリー・A・キング デザインのディスクライト [照明]

1980年代前半、イタリアの建築家・インダストリアル
デザイナーであったエットレ・ソットサスを中心に結成さ
れたメンフィス・グループはデザインのポストモダンとし
て一つの潮流を創りました。
当時購入したディスクライトです。照明部分がベー
スボールキャップのようで、雰囲気が和むようなデザイン
です。接触が悪くなって点灯しなくなり放置したままにな
っていました。オブジェとして置いておくのは残念です。
ソケットスイッチを調べましたが、分解することができ
ません。最後にCRCのコンタクトスプレー(接点復活剤)
を吹き付けたら見事に復活しました。

201607_A.JPG

201607_f.jpg

201607_e.jpg

付属で4色のシェードがついてきましたが、白は黄ばみが
酷くなっていて、酸素系漂白剤をうすめてスプレーして直
射日光に3日間あてて除去しました。

201607_B.jpg

20160710_2a.jpg

201607_C.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。