So-net無料ブログ作成
ファニチャー ブログトップ

スカルパの椅子修復 [ファニチャー]

イタリアの建築家カルロ スカルパ( Carlo Scarupa )
の手助けで家具のデザインをはじめた息子のトビア スカ
ルパ(Tobia Scarpa)と妻のアフラ(Afra)がデザイン
した椅子です。購入後30年近く使用してその後放置した
ままになっていました。先日四脚のうち二脚だけクリーニ
ングと修復をしました。
20161115_Tobia Scarpa1.jpg

20161115_Tobia Scarpa.jpg

レザー部分はマルチレザークリーナーで汚れを落としてか
ら背もたれのテーブルの角にあたって傷ついたところをコ
ロンブスのアドベースとアドカラーで補修しました。
木製の脚は重曹で汚れを落としました。

20161115_Tobia Scarpa2.jpg

20161115_Tobia Scarpa3.jpg

20161115_Tobia Scarpa4.jpg

分解してから清掃をしたのですが妥協のない大変手間のか
かった構造でした。
座り心地は長時間座っていてもストレスはありません。

20161115_Loctite.jpg
20161115_ado base.jpg
20161115_adcolor_tube.jpg

円形テーブルの製作(2) [ファニチャー]

Roberto Barbieriデザインの椅子【Lea】用にかっぱ橋の
洋家具専門店に簡単な図面を描いて発注した丸テーブルで
す。天板は白マーブル風に、端面は薄く感じるように 45°
斜め形状にしました。天板までの高さは、72cmです。

20160920_2.JPG

20160920_3.jpg

20160920_1.jpg




Steelcase製デスクの黄ばんだ樹脂把手の漂白 [ファニチャー]

40年近く前に購入したSteelcase製デスクは今も健在です。
US基準の堅牢な作りに感心します。しかし白い樹脂部分は
かなり黄ばんできました。 把手を取り外して酸素系漂白剤
(花王ワイドハイターEX)に浸して紫外線に2日ほどあて
て黄ばみを取り除きました。 もとの白さには戻りませんが
かなり白くなりました。

20160819_1.jpg

20160819_2.jpg

20160710_2a.jpg

20160819_3.jpg



マリオ・ベリーニ デザインのCABチェアー修理 [ファニチャー]

イタリアンモダンデザインを代表するマリオ・ベリーニの
CABチェアーは座面が落ち込んで20年近く放置してい
ました。なかなか廃棄できず購入元のCASSINAに修
理の問い合わせをしてみましたが、それっきりにしていま
した。
このままにしておくのは残念なので思い切って修理しまし
た。

まず、座面が落ち込んだ原因を調べます。
脚部のファスナーを外して分解すると。
かなり手が込んだ構造で、丸パイプを変形した強固なフレ
ーム、革の縫製技術、脚部端面の革の仕舞と止め付け方法
など各部に独創性と手仕事の技を感じました。

20160813_Cab1.jpg

20160813_Cab2.jpg

20160813_Cab3.JPG

原因は
座面裏と接着してあった0.7mmほどの樹脂製(たぶん
FRP)板に亀裂が入ったためでした。

① 同様の素材で作り直す   
  適当な素材が見当たりません。
② ベニヤ板で代用      
  曲面に加工することと強度的に多少心配があります。
③ 手芸用PPバンドを座面の周りのフレームに張る。

入手の容易性と価格を考えて③案を試してみることにしま
した。
 

20160813_cab5_ppバンド.jpg

20160813_Cab4.jpg

スツール製の座面枠に黄色のPPバンドを張った状態です。



椅子の張替と再塗装 [ファニチャー]

ティト・アニョ-リ(TITO AGNOLI)がデザインした椅子
LIMAは40年近く前、六本木 AXIS にあった Interdecor
(今のCassina Japan)のバーゲンセールで購入しました。
とても座り心地のいい椅子です。オリジナルカラーはバー
ガンディーでした。10年ぐらいして座面のファブリック
が劣化してきてそのまま放置していました。
とても気に入っていた椅子なの張替と再塗装をすることに
しました。金属製のフレームを70%光沢の黒、座面と背面
は東レ・エクセーヌのグレーに、塗装業者と椅子張替業者
に発注しました。


20160807_LIMA 1.JPG

20160807_LIMA 2.jpg
オリジナルカラー

20160807_LIMA 3.JPG

20160807_LIMA 4.JPG






Dominguez Chair のための円形テーブル製作 [ファニチャー]

1931年にスペインの建築家(Carlos Amiches and Martin
Dominguez)によりデザインされた肘掛け椅子です。
7,8年前にで購入しました。このデザインに合わせたサイ
ドテーブルの製作です。

20160728_Dominguez Chair_Table.jpg

20160728_Dominguez Chair_Table 2.jpg

色、形状、素材感を似せて、かっぱ橋の洋家具店にオーダ
ーしました。
直径450mm高さ510mm

20160728_1.jpg

20160728_2.jpg
ファニチャー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。